育毛の意味とは!?育毛対策を始める前に育毛の定義を知ろう


髪を守るために必要なのが育毛

生涯にわたって髪のボリュームを守りたい、髪質が悪くなってきたので健康な状態に戻したい、といった状況で役立つのが育毛です。読んで言葉のとおり、育毛は毛を育てるという意味があります。髪質はずっと安定するとは限らず、何らかの悪要因が影響すると薄くなります。年齢に応じてボリュームが減退するのは避けられませんが、日々の生活や洗髪法に問題があって薄毛を招いているなら、改善の余地は十分にあるのです。

育毛で要となるのは髪質の強化に加えて、抜け毛の本数を増やさないことです。抜け毛が増加すればするほど、髪はスカスカになっていきます。目視で髪の減少を確認できる場合だけでなく、ブラシを通したときのスカスカ感、洗髪後の抜け毛の増加などを実感したときも育毛が必要になります。

代表的な育毛対策の方法といえば

育毛には数多くの方法があり、最も一般的なのは育毛剤を使用した対策方法です。育毛剤は医薬部外品や化粧品が多く、副作用のある医薬品を避けたいという人から人気があります。発毛剤は医薬品なので育毛剤を超える効果がありますが、血圧が異常値の人は使用できないなどの制限があります。

育毛剤は1日に1~2回の使用が推奨されており、塗布量に関しては適量と記載されたものが多いです。医薬品の発毛剤であれば用法・用量が厳しく定められており、それよりも多く使用することはできません。育毛剤は長期的に使用するのに適しており、20歳未満から使用できるものが目立ちます。思春期の段階から使用できるので、aga予防対策として使用する男性が大勢います。

育毛サロンは頭皮洗浄等の頭皮ケアを行い、毛母細胞や毛乳頭に栄養が行き届きやすい頭皮環境を整える施術を行うサロンのことを意味します。