agaは治療できる!?agaを自覚したらやるべきこと


若年層にも見られる男性特有の脱毛症

agaは思春期以降から見られる脱毛症で、男性に限定した症状のため男性型脱毛症と呼ばれています。稀に女性がagaのような脱毛症を引き起こすことがありますが、こちらはfagaという名称を使用しています。agaが発症するのは主に壮年であることから、壮年性脱毛症と呼ばれることも多いです。ただ未成年でも稀に見られるので、若いからと安心はできません。

agaの最大の特徴は自然治癒しないことで、放置しておくと年齢未満のボリュームまで減っていきます。男性ホルモンの分泌量が多いと高リスクとなり、20代でスカスカになる人もいます。髪の毛は失ってしまうと元に戻すのが難しいため、agaを自覚したら早期ケアをして髪を減らさないことが大切です。

薬物治療でagaは改善できる時代に

最も確実なaga対策は薬物治療であり、市販の発毛剤を使用する、医療機関で外用薬と内服薬の処方を受ける、などの方法があります。頭皮への栄養不良が原因の薄毛であれば育毛剤で対処できますが、agaに関しては育毛剤で食い止めるのは難しいです。発毛剤や外用薬を使用しても抜け毛が減らない、薄毛の進行が続くといった場合は、内服薬で体質を変えていく必要があります。

現在は脱毛酵素の分泌を抑える内服薬が登場しており、aga治療の救世主となっています。昔はagaになれば髪が元に戻ることはないと言われていましたが、現在は取り戻せる時代です。薬物治療に加えてセルフケアを並行すれば、より髪の復活を早めることができます。セルフケアでは育毛シャンプーや生活改善などを中心にケアします。

agaを横浜のクリニックで治療する際は、料金だけでなく立地の確認も欠かせません。人通りの多いところに出入り口があったり、aga治療と一目で分かるよう宣伝されていたり、通いにくくなる要素がないか確認しましょう。