agaを進行させないためには!?リスクを抑えることが大事


agaを予防することは不可能?

agaは体質に関わる脱毛症であり、将来における発症リスクを事前に把握することはできません。それゆえ脱毛症の進行を自覚してから対策をするしかないのです。胸毛・すね毛が太い男性はagaになるリスクが高いと言われていますが、体毛が濃くてもagaにならない男性もいれば、体毛がほとんどない男性でも発症するケースがあります。

aga以外の薄毛であれば、生活習慣を改善する、頭皮ケアを見直すなどの対策で抑制できます。agaは単発で発生することもあれば、他の脱毛症と併発することもあるのです。よくあるのは脂漏性脱毛症と併発するケースで、頭皮が皮脂でベトベトになるのでわかりやすいです。ヘルメットや帽子を常日頃から被っている男性は、頭皮環境が悪化しやすいので脂漏性脱毛症のリスクが高くなります。

食生活を改善させたい理由とは

agaを誘発するのは5αリダクターゼと呼ばれる脱毛酵素であり、食生活は直接的に関わりがありません。ただ食生活が乱れていると、抜け毛や脱毛症の進行に拍車をかけます。規則正しい生活を維持するかどうかで、10年後の頭髪のボリュームが変わってくるわけです。髪の健康のためには1日3食を摂るようにし、特に朝食を抜くのは避けてください。

十分な栄養を摂らなければ、毛母細胞の成長を阻害してしまうのです。すると髪質が弱々しくなって、全体的に軟毛に変化していくケースがあります。お酒の飲みすぎは肝臓に負担をかけ、体内毒素を溜め込みやすい体質に変えてしまいます。お酒を飲まれる男性は、週に1~2日は休肝日を設けてください。

仙台には、agaを治療できるクリニックが沢山あります。薄毛の悩みは、治療が可能です。agaを仙台で治したいなら、ぜひ通ってみて下さい。